はじめに

あなたの意識と人生が変わります!

スピリチュアルカウンセラー養成講座を受講される方というのは、これまでに多くの苦悩を体験された方が多く、

こういった職業を天命として選ばれる方は、あらかじめ人間の苦悩を体験するようになっているように思います。

人々を苦しみから救ってあげたいと思う気持ちの発露は、こうした苦しみの体験から来るのかもしれませんね。

受講生の方というのは、人々を救う気持ちは人一倍あるのですが、これまでのトラウマやネガティブな感情が身に付いていて、

過去から引きずった重荷を背負い込んだ状態で受講されます。

ですので、まずはその受講生本人の意識の改革から始めています。

その悩みは身体の事だったりお金の事だったり様々ですが、目の当りにしている「現象」というものは、

全て自分の意識で作り出したものです。

ですから、意識が変われば現象が変わり、これまで苦しかった状況も一変する訳です。

潜在意識のブロックを解除するとともに、顕在意識からは「この世の真理」をインプットしていくのです。

そうする事によって、ブロック解除で綺麗になった潜在意識に、顕在意識からどんどん真理の情報が入ってきますから、

どんどん意識が変わり、目の前に現れる現象が変わってくるのです。

受講生の一人に、これまで22年間睡眠誘導剤を飲み、耳栓をして部屋を真っ暗にしないと寝れず、抗鬱剤を飲み、

また男性よりも女性ホルモンが少ない体質の為、ホルモン剤も服用しないと生理が来ず、加えて20年間便秘薬も服用していた

女性がいます。

もう20年以上、そういった数々の薬を飲んで今まで過ごしてきましたので、その事は本人はあきらめていたのですが、

私が薬とはどういうものか、また人間の本来持つパワーというものはどれほどの力があるか。

そして人間というものは何なのかという真理をどんどんその受講生にインプットしていきました。

すると受講して1ヶ月ほどが経過した頃、ご自分で「ハッ」と気づかれたのです。

「私はもう薬はいらない!」と。

それまでは県より身体障害者として認定されており、その認定カードを通院の際に提出する事で、

通常よりもかなり安い金額で通院する事が出来ていたとの事でしたが、一旦気づいてしまうと、

自分自身を治癒する力がどんどん泉のように湧きあがってきます。

ついにその受講生の女性は20年以上続けていた薬の服用をやめ、県にも認定証のカードを返却しに行ったのです。

窓口にて県の担当者から「わざわざ返却しなくても、持っておくだけでも持っておいたらどうですか」と言われたらしいのですが、

その受講生の方は、自分の本当の力を知ってしまったので、「もう必要ありません」と返却したそうです。

薬を飲まなくなってからは身体の調子もすこぶる良く、この20数年間に味わった事のない軽快な毎日を過ごしながら、

スピリチュアルカウンセラーとしての勉強を進められています。

このように意識が変われば現象が変わり、20数年間お医者さんでもどうにも出来なかった事ですら

自分の力で治るようになるのです。

プロのスピリチュアルカウンセラーとしてやっていくには、まず自分の問題を片づけなければなりませんが、

その問題を解決する事は、将来のクライアントの為になる事でもあるのです。

今回募集しているスピリチュアルカウンセラー養成講座は、ご自分の意識と人生を大きく変える事から始まるのです。

お問い合わせ

ホーム苦しみからの脱出ノウハウ受講コース受講生の声伝授コース事務所概要

PAGETOP