研修日程パターン

出来るだけ御社の都合に合わせたカリキュラム(時間配分)にて行います

この研修はトータルで20時間の研修となります。

基本ベースとしては、1日6時間程度+質疑応答の約7時間×3日間となります。

ただし、社員の方を就業時間中に現場から離す事が難しい場合には、最長7日間まで延長可能です(1日3時間程度)

(研修日程パターン例)

①平日の3日間を使って、合計20時間の受講

②休日に8時間、残りの12時間を平日3時間×4日間の受講

③平日の業務終了後に3時間×7日間の受講

④その他ご要望があれば、ご相談下さい

お問い合わせ

ホーム苦しみからの脱出ノウハウ受講コース受講生の声伝授コース事務所概要

PAGETOP